アルバイト

ホーム

スポンサードリンク

疲れ目度チェック|目の負担度と目の疲れ度を確認

肩こりに悩む女性 モノクロS.jpg

日ごろから目の疲れを感じながらも
そのままにしていませんか?
まず、疲れ目度チェックをしてみましょう。

最初は"目の負担度"です。 (10問)

□急激に視力が低下した。

□近くの物が見にくくなってきたと感じる。

□夜遅くまでテレビやパソコンを使っている。

□近くの物を見て、遠くの物に視線を
移すとぼやけて見える。

□目が乾燥しがちで、いつも目薬を使っている。

□十分に睡眠をとったつもりでも、
スッキリと朝目覚めることができない。

□仕事などで、光の強い環境にいる。

□仕事時間のほとんどをオフィスで
パソコンを使っている。

□長時間、車の運転をすると目が痛くなる。

□通勤電車では、読書をすることが多い。

チェックが7個以上の方は、目にかなりの負担が
かかっているので、早めに適切な対処をとりましょう。
4~6個の方も注意が必要です。

3個以下の方は、それほど目に負担が
かかっていないようです。

次は、"目の疲れ度"です。(11問)

□目がしょぼしょぼすることがある。

□目が充血することが多い。

□目の乾きを感じる。

□目に痛みを感じる。

□目が重く感じる。

□訳もなく涙が出ることがある。

□疲れ目に頭痛が伴う。

□長時間、パソコンを使用している。

□ひどい肩こりがする。

□よくイライラする。

□最近、寝不足である。

チェックが10個の方は、かなり目が疲れています。
眼精疲労にならないよう、すぐに対処しましょう。

3個~9個の方も疲れ気味なので、
適切なケアをしておきましょう。

0個~2個の方は疲れ度が低いと
思っていいでしょう。

Return to page top