アルバイト

ホーム

スポンサードリンク

生活習慣の改善で眼精疲労を予防|足元を温めたり、半身浴や足湯が効果的

バスタイム8S.jpg

毎日の生活習慣を改善することでも
眼精疲労を和らげることができます。

たとえば、パソコン作業に集中すると
頭に気が集まり酸欠状態になることがあります。

そうすると、血液循環が悪くなるので、
目の周囲の筋肉が緊張し、眼精疲労や頭痛、
肩こりなどを引き起こします。

この予防には、足元を冷やさないようすることです。
そうすると、全体的に血液や気の流れが良くなり、
目が疲れにくくなって、頭もすっきりとします。

それには、靴下を2、3枚以上重ね履きすると
効果的です。また、靴下は自然素材のものを
選ぶことがポイントです。

できれば肌に触れる部分がシルクで、
外側は綿の二重構造になっているものが理想です。

シルクは毒素を排出する働きがあり、
吸湿性にも優れているので、その靴下を

重ねて履くことで、正常な体温を一定に保ち、
不要物を外へ排出するわけです。

ネットショップにも足元を温める靴下が
販売されているので、一度検索してみてください。

それから、半身浴を30分~1時間、もしくは
足湯を毎日することも眼精疲労に効果的です。

これらも、血液や気の流れを促して、
毒素などを排出するのに有効です。

それに、このような入浴法を毎日行っていくことで、
体質が変わってきます。

ほかにも、バスタブにエッセンシャルオイルを落とすと、
リラックスして疲れが癒されるだけではなく、

毎日続けることで、体のコントロール能力を
アップさせることができるので、ぜひ試してみてください。

Return to page top