アルバイト

ホーム » 心臓病

スポンサードリンク

心臓病カテゴリの記事一覧

心臓病のひとつ先天性心疾患|心房中隔欠損症・心室中隔欠損症・ファロー四徴症

診察4S.jpg

先天性心疾患は、先天的な心臓の構造上の異常による心臓病をいいます。
ここでは、先天性心疾患である「心房中隔欠損症」、「心室中隔欠損症」、
「ファロー四徴症」について説明します。

心臓は左右の心房と心室で4つの部屋があり、それぞれに肺から
血液が送り込まれますが、これは酸素を含んだむ血液と
全身から回収した二酸化炭素を含んだ血液になります。

ただ生まれながらに、2つの心房や心室を隔てる中隔が欠損している
先天性の奇形があると、各々の部屋の血液が混ざってしまいます。
この症状としては、主に疲れやすい、息苦しいなどがあります。

心房中隔欠損症は心房の中隔に開いた孔を通る血流の増加が
少しずつなので心臓への負担も少なく、ある程度の期間は
診断されずに過ごしてしまうことのある先天性疾患です。

そして、成人もしくは中年になって、不整脈や心不全などに
悩まされるケースも出てきます。

同じ心房中隔欠損症ですが、新生児期や幼児期に発見される
無症状の心臓病もあります。

胎児期に卵円孔(らんえんこう)という孔が塞がらないまま生まれたので、
経過を観ていくうちに塞がるので問題ないものもあります。
心室中隔欠損症は穴の大きさにより、その後の病態がかなり変わってきます。

先天性の奇形が4ヶ所同時に起こるのが特徴で、最初は心雑音に
気づきますが、幼児期からのチアノーゼなどからこの心臓病と
診断されるケースもあります。

いつも酸素不足気味のため赤血球の増大がみられ、
重症となると腎不全や心不全などの合併症が心配されます。
早期の心臓形成手術といった治療を行うことになります。

スポンサードリンク

心臓病の中のひとつ心室細動|心臓病による突然死の大部分にあたる

日本では年間約8万人もの方が突然死で亡くなっていますが、 その半分にあたる約4...

続きを読む

心臓病の中のひとつ心不全|治療は薬物療法や食事療法

心不全は、心臓の心筋や弁膜に障害が生じて心機能が低下し、 全身に送る血流量が低...

続きを読む

心臓病の中のひとつ虚血性心疾患|心臓病の中では最も多い疾患

心臓病の中でも最も生活習慣が如実に表れているのが、 虚血性心疾患(きょけつせい...

続きを読む

心臓病の中のひとつ動脈瘤|血圧の上昇は危険

動脈瘤(どうみゃくりゅう)は、名前のごとく 動脈に瘤(こぶ)が生じる病気です。...

続きを読む

Return to page top