アルバイト

ホーム » 生活習慣病

スポンサードリンク

生活習慣病カテゴリの記事一覧

睡眠と生活習慣病の密接な関係

生活習慣12S.jpg

睡眠と生活習慣病は、実は密接な関係が
あることが分かっています。

睡眠不足では、不眠症や睡眠時無呼吸症候群
などを発症するとされ、これらは生活習慣病の
一種であります。

体や脳を休めて活力を与えてくれる睡眠は
不足すると体調を崩しやすく、疲れやすくなり
集中力が低下してしまいがちですね。
睡眠は健康維持にもとても大切です。

生活習慣病の予防にも充分な睡眠を取る事が
重要で、不足すると肥満や糖尿のリスクを
高めるというデータがあります。

睡眠時間と体重、生活習慣に関する調査では
5時間以上寝ていた人に比較すると睡眠時間が
5時間未満の場合では肥満になる確率が
約1.36倍、高血糖では1.27倍高まるとされます。

特に夜更かしの多い夜型の生活パターンは
体が持つ生体リズムが乱れて身体機能に影響を
及ぼします。

つい夜食を食べたくなって、お菓子を食べて
しまったりというケースも目立ち、肥満に
なりやすいとされます。

睡眠時間が不足したままの生活が続くと
インスリンへの反応が悪くなり、血糖値が
上がります。

寝ないでいると交感神経を刺激してしまい
血圧も上がりやすくなって、生活習慣病に
罹りやすい環境に陥ります。

もし睡眠不足だと感じているなら、
生活習慣病予防の為にも安眠出来るような
よい方法を知ることが大切になります。

スポンサードリンク

大人とは異なる配慮が必要な小児生活習慣病

子供の小児生活習慣病を解消する為には 大人の場合とは異なる配慮が必要とされます...

続きを読む

低年齢化が問題視されている小児生活習慣病

生活習慣病になる患者は、今や大人だけ に限ったことではありません。 現在、糖尿...

続きを読む

30代以後の男性だけではなく女性にも多い生活習慣病

一般的には、生活習慣病にかかるのは30代 以後の男性が多いと考えらていますが、...

続きを読む

生活習慣病になりやすい年齢

一般的に、生活習慣病になりやすい方は 30~40代から増えてくると言われていま...

続きを読む

Return to page top