アルバイト

ホーム » 大腸がん » 大腸がんの手術後の食事には注意が必要

スポンサードリンク

大腸がんの手術後の食事には注意が必要

病院食を出す看護婦S.jpg

大腸がんの手術をした場合、手術後の
食事には注意したい点があります。

手術後は体力が落ちていますから、
消化が良く、栄養豊富な献立になる
ように気を付けましょう。

食事が食べられるようになるのは、
大腸がんの手術をした2日後から5日後で
手術内容や体調などで食事の開始日には
個人差があるようです。

大腸がんでは、治療で大腸がダメージを
負っていますので、食事は腸に負担を
掛けないものを選びます。

1~2ヶ月の間は腸の機能が回復して
いない方が多く、特に消化の良いものを
食べるようにしましょう。

脂肪や動物性タンパク質がたくさん
あるものはよくありません。食べすぎに
よる肥満を招かないように、控えめに
食べるようにします。

大腸がんを予防するには食物繊維を
摂ることが大切でしたが、術後には
繊維質の多い食物は消化に時間が掛かる
ために大腸にとって良くありません。

繊維質の少ないもので、柔らかくした
料理が向いています。腸内で発酵する
豆類、生フルーツなども避けます。

大腸がんでは刺激物は摂らない方が
良いとされ、術後もスパイスが効いた
食事やコーヒーなどのカフェインを
含んだもの、

冷たすぎる飲み物(中でも炭酸飲料)
にも注意しましょう。

食事の時間も不規則にならないように
規則正しい生活を心掛けます。

夜食を食べたり、おやつの食べすぎ、
それに暴飲暴食は、カロリー過多などの
理由から健康の為にもお勧め出来るもの
ではありません。

スポンサードリンク

Return to page top