アルバイト

ホーム » 悪性リンパ腫

スポンサードリンク

悪性リンパ腫カテゴリの記事一覧

悪性リンパ腫は早期発見、早期治療をする事が重要

発熱S.jpg

悪性リンパ腫とは、リンパ節を中心に
出来る血液のがんであり、すべてのがんの
約3%を占めています。

大体日本人10万人に8人程度、
年間1万人弱の人が悪性リンパ腫を発症し
日本の南の地方で多い病気と言われています。

悪性リンパ腫は、大きくホジキンリンパ腫と
非ホジキンリンパ腫の2つに分けられ、
非ホジキンリンパ腫はリンパ系組織のタイプに
よりさらに数種類に分かれます。

ホジキンリンパ腫は20代の女性や60代の
高齢者がかかりやすく、非ホジキンリンパ腫は
60代が一番発症しやすくなっています。

リンパ系組織は全身に広がっているため、
発見が遅れるとがん細胞が全身に広まって
しまう恐れがあります。

首のリンパ節が腫れて悪性リンパ腫を
発症するケースが多いと言われ、肝臓などの
臓器や骨にまで広がる可能性があります。

最初に悪性リンパ腫を発見した段階で、
どの程度がん細胞が広がっているかが
その後の治療法を大きく左右することにも
なるため、

首にしこりを感じたり、全身がだるい、
微熱が続くなどの症状がある時には、早期に
病院で診察を受けることが大切です。

データによると、ホジキンリンパ腫の場合、
一部のリンパ節に腫瘍のあるステージⅠで
あれば9割以上、

2ヶ所以上腫瘍ができているステージⅡだと
8~9割、上半身下半身両方のリンパ節に
がんがあるステージⅢでも5~9割、

臓器や骨髄にまで腫瘍が広がっている
ステージⅣでも4~6.5割の治癒率を
示しています。

スポンサードリンク

悪性リンパ腫への民間療法の効果

悪性リンパ腫には、漢方療法やサプリメント などを用いた療法など、様々な民間療法...

続きを読む

近年注目される悪性リンパ腫の先進的治療の免疫細胞療法

これまで悪性リンパ腫の治療法には 抗がん剤治療、放射線治療、手術が 三大治療と...

続きを読む

悪性リンパ腫の新たな治療法と注目される免疫療法

悪性リンパ腫の治療法として最近では 免疫療法も新たな治療法と注目されています。...

続きを読む

悪性リンパ腫の治療の1つであるサイモントン療法

近年、悪性リンパ腫の治療法として注目を集めて いるのは、サイモント療法と呼ばれ...

続きを読む

Return to page top