アルバイト

ホーム » 依存症 » ワーカーホリックとは?仕事依存症の意味について

スポンサードリンク

ワーカーホリックとは?仕事依存症の意味について

ilm16_aa01012-s.jpg

仕事依存症は「ワーカーホリック」と言う呼び名で
聴いた事がある人も今は多いかも知れません・・

仕事をする事だけが生きがいになってしまい
本業の休日も何か副業をしたり平日は遅くまで
残業をすることが楽しいという状態の人です。

真面目に仕事をしたくない働きたくないと考えている人よりは
良いと思ってしまいがちですが様々な支障があります。

それは、自分自身だけでなく家族や周りにも
迷惑をかける形になるかも知れません。

仕事依存症が悪化してくると休日もまともに
休めない状態になってしまいます。

仕事が休みの日なのに、何かしていないと
落ち着かない、イライラするという状態になります。

それが耐えられない人は本業が休みの日に出来る
別の仕事を探したりもするでしょう。
こうなると家族と触れ合う時間が極端に少なくなってしまいます。

ワーカーホリックを克服するためには仕事をする時間を
しっかり決めてしまうことがとても大切となってきます。

休日はしっかり休むために使うようにしましょう
休日にまともに休まない様だと気づかないうちに
どんどん疲労が溜まってしまいます。

病院にもいかずに働き続けていると気付いた時には
取り返しがつかない状態になっているかも知れません。
急なくも膜下出血なども考えられるのです
近年はくも膜下や過労死する人も急増しているので
ワーカーホリックになってしまった人は
急死する事を人ごとだと思ってはいけません

仕事依存症を克服するためにも何か時間を
潰すことが出来る趣味を探してみるのもいいですね!
こんな時代だからこそ自分管理はしっかりとしていきましょう
ご家族様との時間も仕事と同じぐらい大切にしてください

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top