アルバイト

ホーム » 依存症 » コーヒーの飲み過ぎに注意|精神的不安定を起こすカフェイン依存症

スポンサードリンク

コーヒーの飲み過ぎに注意|精神的不安定を起こすカフェイン依存症

ilm16_aa05025-s.jpg

基本的にコーヒーが好きな方に起きやすいのですが
飲み物に含まれるカフェインを定期的に摂取しないと
精神的に不安定になってしまう依存症の中に
カフェイン依存症があります。

カフェインとはコーヒーに含まれ成分として有名ですが
他にも緑茶・ココア・紅茶などにも含まれています

よくこんな声をきいたりしませんか?
コーヒーを飲むと眠れない・・って
これはカフェインの作用によるものです

コーヒーは1日1杯なら体に良いと言われていますが
1度に3~4杯続けて飲んだ場合にはカフェイン中毒と
呼ばれる症状が出ることもあります

賞状としてはソワソワとして落ち着きがなくなったり
意味もなく興奮しがちになるといった所ですね

ただそうはいっても1日に何缶もコーヒーを飲む人は
実際かなり多いですよね。なのでまずは自分が
カフェイン依存症かチェックしておいた方がいいです
方法はとても簡単です。

まずカフェインの摂取をやめてみます
毎日朝にコーヒーを飲んでいるという場合は
別のカフェインを含まない飲み物に変更してみます

これで一日何の支障もなく過ごせるようであれば
まだ依存症になっている可能性は低いですが

頭が働かない、頭痛、嘔吐等何らかの症状があった場合は
カフェイン依存症を疑ったほうがいいかも知れません

自分で出来る治療法としては飲んでいる量よりも
杯数を減らしてみることから始めてみましょう

毎日5杯飲んでいるのであれば1日4杯にして
1週間ぐらい様子を見てみる次の1週間は
1日3杯にするといったように少しづつでも
依存症を改善していくようにしましょう

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top