アルバイト

ホーム » 眼精疲労 » 点眼薬の正しい使用方法と保存方法

スポンサードリンク

点眼薬の正しい使用方法と保存方法

ドライアイの女性 モノクロS.jpg

眼精疲労には点眼薬が処方されることがほとんどですね。
今回は、点眼薬の正しい使用方法と保存方法をご紹介します
まずは、点眼薬の正しい点眼方法です。

点眼前には、石けんで手をよく洗いましょう。
そして、点眼薬がしっかりと入るように軽く
下まぶたを引いて、決められた量を点眼してください。

その際、まつげやまぶたに容器の先が触れないよう
気をつけましょう。

点眼後は、軽く目頭を押さえるか、まぶたを
しばらく閉じておきます。

点眼液があふれてしまったら、
清潔なティッシュやガーゼで拭き取ってください。

次は、点眼時の注意事項です。
懸濁性の点眼薬でしたら、点眼前によく振りましょう。

用時溶解させる点眼薬は、溶解する際に振ってから
使ってください。

2種類以上の点眼薬を使う時は、
2つ目の薬は5分程経ってからにしましょう。
用法・用量は、使用説明書や医師の説明を守ります。

最後に点眼薬の保存方法です。
病院での指示があったらそれに従い、

特に指示がなくても、直射日光の当たらない
涼しい場所に保管しましょう。

点眼後は、ふたをしっかりとしめ、
投薬袋などの袋に入れて清潔に保ちます。

また、救急箱に入れて保存する時は、
芳香成分を含む湿布薬などと一緒にすると、
においを吸着することがあるので気をつけてください。

小さいお子さんがいる場合は、誤飲しないよう、
手の届かない場所へ保管しましょう。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top